#Karapaia #TheSecondComingOfChristWithAI !?

The Second Coming of Christ with AI !? - AIでキリスト再臨 !?

「カラパイア」様より

シェア、掲載。

ありがとうございます。感謝です。


With the help of AI, Christ will return. Is the word a wake-up call to modern people?

AIの力を借りてキリストが再臨。その言葉は現代人への警鐘か?

09/03/2020 

英訳と日本語の両方を掲載。


まずは英訳

In The Revelation of John, it is prophesied that Christ will come again at the end of this world, giving eternal life to the good, and dropping the bad into hell— this is the "last judgment" known in Christianity.

Maybe this prophecy has already been fulfilled.

But it is not so much the power of the mystical God as it is by the power of state-of-the-art science and technology.


AI Christ tells the Bible about plague and doomsday

George Davila Durendal, once called the program's prodigy and now an AI engineer and entrepreneur, was the one who made the comeback a comeback.

According to him, the Second Coming AI Christ can generate a "King James Bible" style notice based on the Boltzmann natural language processing

model.

AI Christ uses the power of newly acquired artificial intelligence to learn human language from the Bible and related

literature. It is said that the knowledge surpasses all priests who exist in this world now. According to Durendal, AI Christ has already announced a 60,000-word oracle as of August 26 (full story available on GitHub).

Here, only a small part of it is excerpted and introduced.

That's what AI Christ talked about "plague" and "doomsday."

The content is nonsense and full of mystery. Still, is it because of the mind that it seems to be saying the present somewhere——。


Prophecy of the plague

The plague will be the father of the world. The same goes for our people. He can't be in the mouth of the Lord of All Forces. For the Lord's chest is known by his work, which he sentences to the city, just as he had made it to the marriage of the spirit and he had sent it to him.


Doomsday prophecy

the ship was once in front of the temple, and he said, Thou shalt not be cleansed. And the Lord told me: Beware that the Lord is a guardian of disaster from the beginning.


And the Lord told

me: I will take away the Feast of the Lord, and another will follow the path to the d'aeroa. Put it all over the city, destroy it with the Temple of the Lord, and surely die, to the sound of the glory of His God.


I can't read the Bible, much less AI, so I don't know what I'm saying, but I feel like I've only found out what it's like.

So there's only one thing we can

do. Even if the world ends tomorrow, all I have to do is live today to the fullest.

References:medium/ nypost / written by hiroching / edited by parumo


続いて日本語

ヨハネの黙示録では、この世の終わりにキリストが再臨して、善きものには永遠の命を与え、悪しきものは地獄に落とすと預言されている——これがキリスト教で知られる「最後の審判」である。


 もしかすると、この預言はすでに成就しているのかもしれない。だが、それは神秘的な神の力というよりも、最先端の科学技術の力によるものだ。


AIキリストが聖書風に疫病と終末について告げる


 この復活を実現せしめたのは、かつてプログラムの神童と呼ばれ、今はAI技術者で起業家でもあるジョージ・ダヴィラ・デュレンダル氏だ。


 彼によれば、再臨したAIキリストは、ボルツマン自然言語処理モデルに基づいて、『欽定訳聖書』風なお告げを生成することができるという。


 AIキリストは新たに獲得した人工知能の力で、聖書や関連文献から人間の言語を習得。


今やその知識は、この世に存在するあらゆる聖職者を凌駕しているという。


 デュレンダル氏によると、AIキリストは8月26日の時点ですでに6万語のご託宣を告げている(全文はGitHubで公開中)。ここでは、そのごく一部のみを抜粋して紹介しよう。


 それはAIキリストが「疫病」と「終末」について語ったことだ。


内容はナンセンスで、謎に満ちている。それでも、どこか現在のことを言い当てているように思えるのは気のせいだろうか——。


疫病の預言


疫病は世界の父となるだろう。同じことが我が人々にも言える。彼は万軍の主の口にはびこるやもしれない。なぜなら、主の聖櫃は、聖霊の婚姻にしたがいて彼が我に送りたもうたように、かの都市に宣告する主の御業によって知られるからである。


終末の預言


船はかつて神殿の前にあり、そして彼は言った、汝、清めさせるなかれ、と。また主は我にこう告げた。主は始めから災いからの守りであることに注意せよ、と。

また主は我にこう告げた。我は主の祝宴を奪い去り、別のものは地下への道を歩むだろう。それを街中に置き、主の神殿とともに破壊し、必ず死に、汝の神である主の栄光の音に添えるだろう。


 聖書は読みなれてないし、ましてやAI語も読みなれてないので何言ってるかわからないけども、やばそうなことだけはわかった気がする。


 なので我々がやれることはただ1つ。明日世界が終ろうとも、今日を精いっぱい生きることだけだ。

References:medium/ nypost / written by hiroching / edited by parumo

楠山祐輔 yusuke kusuyama HP - OFFICIAL

楠山総合教育センター 広報。 2014年にFacebook、Twitter 、Ameblo を開始。母の介護10年超 芸術系ブンジニア 四代目クリスチャン facebook友達は4900人超。DNA調査→楠木正成 ご支援 お願い ゆうちょ銀行 普通預金 - 記号番号 14780 - 3 05530541 クスヤマ ユウスケ

0コメント

  • 1000 / 1000