#TikTok - 「 #信用経済 から #価値経済 へ 」

GRABさんより

Tik Tokの仕組みから考える2019年のインフルエンサー・マーケティング

Tik Tokの仕組みから考える2019年のインフルエンサー・マーケティング | Web広告・マーケティング情報配信メディア「GRAB」

ビデオリサーチインタラクティブは、スマートフォン広告統計サービス「SmartPhone Ads Report」を基に、2018年4月~9月のスマートフォン広告出稿状況を発表しました。 この調査の推定インプレッション数で、数あるアプリの中で「Tik Tok」が第2位となったことに、アプリマーケティング関係者は驚いたと思います。 Tik Tokは2016年9月にリリースされた中国発信の短編動画共有アプリです。 動画アプリというと、YouTubeやにこにこ動画など、すでに圧倒的なシェアを持ったサービスが存在し、Instagramでも「IGTV」をリリースするなど、非常に競争の激しい市場です。 なぜすでに飽和しているように見える動画アプリ市場でTik Tokは人気を得ているのでしょうか。 Tik Tokの仕組みを深く知ると、今の若者が持っているニーズ、2019年以降のインフルエンサー・マーケティングが見えてきます。 Tik Tokが若者の間で大流行する理由 2016年9月にリリースされたTik Tokは、2018年6月に月間がアクティブユーザー5億人に達し、2018年の第1四半期に世界で最もダウンロードされたアプリとなりました。推定ダウンロード数は4580万回以上といわれています。 最大の特徴は、15秒の短時間動画という点です。ある程度のフォロワーを獲得すると、より長時間の動画を掲載できるようになりますが、それでも60秒までとなっています。 画像:TikTok また、完全なオリジナル動画ではなく、用意されたBGMを使うため、動画撮影、編集もスマートフォンから簡単に行うことができます。 YouTubeにはクオリティの高い動画が数多く存在し、その中で注目されるコンテンツを投稿しようと思うと、専用のツールやスキルが必要になりますが、Tik Tokではツールもスキルも一切不要です。 まさに、"スマホ時代"に合わせた動画共有アプリといえるでしょう。 Tik Tokは無名がバズれる 数ある動画アプリの中で、なぜTik Tokが人気を集めるのでしょうか。 15秒の短時間動画でBGMと組み合わせてすぐに作れるという以外に、もう一つ大きな理由があります。 それは、Tik Tokなら無名の人が初めて投稿する動画であっても、数百人に見てもらえるということです。 これは、新規の動画を全Tik

Web広告・マーケティング情報配信メディア「GRAB」

楠山祐輔 yusuke kusuyama HP - OFFICIAL

母の認知症介護10年超 芸術系ブンジニア 四代目クリスチャン。投稿はキリスト教を問わず facebook友達は現在4600人。DNAは調査結果 楠木正成。現在 #参政党 に所属 アメブロ & #newspicker #Instagram #WEAR も人気 #Tiktok 奮闘中。 ご支援のお願い ゆうちょ銀行 普通預金 - 記号番号 14780 - 3 5530541 クスヤマ ユウスケ

0コメント

  • 1000 / 1000